Temple大学出張報告


[報告者] 安藤泰生


[出張詳細]

・日時:2019年9月29日から10月3日

・場所:Temple大学(Philadelphia,PA)

・参加人数:主に4人、2日目はtemple大の学生も参加した。

・参加大学:Temple大、佐賀大、諏訪理科大

・内容:進捗報告、今後について、MEのコーディングについて


[参加して得たこと]

MEのコーディングは一回聞いただけで理解できるものでなく、かなり時間をかけて訓練しないと自分でできるようにならないということを知った。

MEのコーディングにかなり時間がかかっていることを知った。

英語力のなさを実感した。

今後のVKCプロジェクトについて。


[感想]

話し合いに参加する中で理解できた部分と出来なかった部分がありました。

英語力の無さとともに自分の知識不足も実感することが出来たMeetingでした。

もっと論文や本を読んで知識をつける必要があると思いました。

研究に限らず、日本語で説明できないことを英語で説明することは出来ないため、まずは日本語で自分の言いたいことを相手に正確に伝えることが出来るようになる必要があると感じました。(英語を勉強する前に)

自分の卒研のアドバイスをいただいたので今後の研究に生かしていきたいと思いました。


[写真]

最終日の夜にバスに乗って観光に行ってきました。


図書館






Meetingが行われた校舎





チーズ

ピザ

アイス


独立記念館

自由の鐘



特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
Contact